2009年11月12日木曜日

seijifujiiがソフトカバーを選ぶわけ

先日も書きましたが、僕が使っているモレスキンはソフトカバーのポケット、方眼です。

モレスキンは現在3冊目で、2冊目だけハードカバーを買ってみました。モレスキンといえばやっぱりハードカバーですから。でも使ってみると硬い!ハードカバーだから当たり前なのですが、とにかく硬いのです。ちょっとしたすき間の時間にパラパラとめくるのがおっくうになるくらい硬い。

道ばたで立ったままメモをとることももちろんあります。ソフトカバーでも、左手を広げて書く面を手のひらに置けば結構書きやすいんです。だからハードカバーじゃなくてもOK。

でも僕にとってソフトカバーを選ぶ一番大きな理由は、実は手触りなんです。手に持って歩いているとき、親指でモレスキンをなでるのが大好きなのですが、ソフトカバーの柔らかさで手触りがしっとりしていてとっても気持ちいい!ずっと触っていたいくらい。だから、なにがなんでもソフトカバーです。

モレスキンポケットの大きさが写真のL判とほぼ同じだから、ちょっとだけ角を落としたすきな写真を表紙の裏に貼っています。表紙にも何か一枚お気に入りのシールも貼るようにしてます。ページに書きつづっていく毎日とあわせて、自分だけの宝物をつくっていってるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿