Twitterさまさま

初めてレコードというものを買ったのは、小学5年生のころ、チューリップのシングル「心の旅」でした。2枚目がよしだたくろうのアルバム「たくろうオンステージ第2集」。

その頃うちにもレコードを聴くステレオというものはあって、でもレコードを何回も聴くのはもったいないので、スピーカーの前にラジカセを置いてカセットテープに録音していました。拓郎のアルバム「元気です」のカセットテープを何回も何回も文字通りすりきれるまで聴いていたのを思い出します。小6の夏休みには、兄が75年のつま恋に行くのをうらやましく思っていたことも覚えています。

そうなんです、僕は兄の影響で吉田拓郎を聴きはじめたのですが、1963年生まれの僕の世代では拓郎の世代と少しずれてしまっているのです。ちょうど音楽をよく聴くようになる中学生くらいの時は、まわりはアリスとか浜田省吾、そしてサザンオールスターズとなってしまうわけです。

それから今に至るまで、拓郎のコンサートにはほとんど兄と一緒に通うことになります。これまで友人に拓郎が好きなひとがいたことは非常にまれでした。「新しいアルバムえーなぁ」「今度のコンサート、1曲目なんやろ?」「人間なんて、もうやれへんのかなぁ」などという会話は、大学時代の酒井君をのぞけば兄以外とほとんど交わしたことがなかったのです。

ブログが普及するようになって世間の拓郎ファンの方々のいろんな声を聞くことができるようになったのですが、ここにきてTwitterを始めたことによってリアルタイムに喜びやワクワク感を共有できるようになりました。明日11月11日発売のライブCDにしても、すでに「もう届いたよ~」「18時から聴くよ~」などのつぶやきがTL(タイムライン)に流れています。

コカコーラをもった方も、ウルトラマンの方も、ウクレレを持った人形の方も、ドクターさんも、ペンギンさんも、、、みーんな楽しみにしている。そしてその中で自分も楽しみにしているというこの感じ。これがうれしくてうれしくて、、、、Twitterさまさま。

さあ、明日にはうちにも届くかな、、、吉田拓郎ライブCD「18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~」。

(写真は2006年9月のつま恋)

コメント

このブログの人気の投稿

兵庫みなせん学習交流会「三重県のブリッジ共闘に学ぼう」

台湾、犬猫の殺処分廃止

坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDハワイ6日間の旅