2009年12月6日日曜日

ていねいモレスキン

佐賀県のある市に1億円の寄付をした、という方の話を聞いて感動しました。

東京で運転手などをして、人が400円の弁当を食べるところを300円の弁当を食べてコツコツと貯めたお金。
亡くなったお母さんへの感謝の気持ちとして、お母さんの出身地であるその市に寄付をされたそうです。

さて、12月から新しい4冊目のモレスキンになりました。

いままでどんどんページが進んでいくことがうれしかったモレスキン。
でも、この新しいモレスキンになったのをきっかけに、
一冊をできるだけ長く大切に使えるよう心がけたいと思っています。

乱暴に大きな字で書き殴るのはやめて、少しでもていねいに書いていきたい。
きたない字はしょうがないけど、
モレスキンもペンもコトバもちょっと大切に思っていきたい、
そんな風に考えされられました。

「いい人生とは、ていねいに生きる人生」という言葉を聞いたことがあります。
"ていねいにする"ということは"思いやり"なんだと思うのです。

4冊目のテーマは「ていねいモレスキン」。


Campusのノートでもていねいに使えば、大切なノートになるはずなのです。
でも、しばらくはソフトカバーの手触りを楽しみたいと思っています。
うちには買いだめしたモレスキンがあるので。。。


(写真は、神戸市北区 衝原湖あたり)

0 件のコメント:

コメントを投稿