2009年12月30日水曜日

頭を丸めた本当の理由

もう一週間以上前のことになっちゃいましたが、
うちの会社も無事忘年会を行うことができました。

一応あいさつってものを事前に考えてたんですが、ちょっとビールを飲み過ぎてしまったみたいで、何を話したのか覚えてません。
たぶん、聞いている方も誰も覚えてないんだと思います、、、(^_^;

ホントはこんなこと言いたかったんだよー、
こんなこと言ってたんだと思うよー、ということをここで書いてみたいと思います。

(忘年会でのあいさつ)

ちょっと、2分間だけ話してみたいと思います。
えっ?2分測るの?じゃあがんばるから、「はい」って言ったら測りはじめてね。
なーんだ、冗談なん?測らないの?
、、、みたいな酔っぱらいの戯言は、この際省かせていただきます。

今年も1年、本当にありがとうございました。
この厳しい一年を乗り越えることができたのは、ひとりひとりの毎日の積み重ね、その結果だと思っています。

また、船会社さん、混載業者さん、通関業者さん、トラック業者さんなどなど、一緒に仕事をしている方々の協力があったからこそ、いいサービスをお客様へ提供することができたんだと思っています。ありがとうございました。

厳しい状況の中、残念ながらうちの会社としても、今年は成長をつづけることができないという結果となってしまいました。でも、振り返ってみるといいこともたくさんある一年だったと思います。

僕の座右の銘は「しあわせはいつも自分のこころがきめる」です。
また、「人間万事塞翁が馬」も好きなコトバです。

もう終わったことをいつまでもくよくよ考えていても仕方がない。
「過去と他人は変えられない」です。
そこから自分を変えていけばいいだけなのです。
いい方向に変わっていくことができれば、"わるかったこと"も"よかったこと"になっちゃうのです。

これが、僕が頭を丸めた本当の理由です。
「Change!」
そう、オバマになりたいのです。

2010年、うちの会社は変わります。
ノーテンキなくらいのポジティブシンキングで、2010年を乗り越えていきます。

We can do it!

0 件のコメント:

コメントを投稿