2010年1月16日土曜日

ビバ!山陽電車 と 滝の茶屋ドリーム

"ローカル線の旅"っていうのにあこがれがあるんです。何冊も本も読みました。
ゆっくりと時間がとれるようになったら、のんびりとローカル線に乗って、いろんな風景を探しにいきたいと思っています。

でも、そんな"ローカル線"テイストを身近に味わえることを知りました。昨日、「山陽電車」にひさしぶりに乗ったんです。

その車両といい、そのスピードといい、その風景といい、そのひとの少なさといい、、、、。
とてもきもちのいい時間を持つことができました。

神戸に移り住んだのは、中2の春。
神戸市垂水区に引っ越してきてもう33年。
もちろん、途中大阪や中国北京など別のところにいたこともあります。
でもずっと本拠地は神戸でした。

そんな僕でも、あんまり乗った記憶がないのです、山陽電車。
引き出しからすっかり忘れてたへそくりが出てきたようなうれしさです。


で、降り立ったのが「滝の茶屋」駅。
ここも初めてでした。

すばらしい風景!
パノラマに広がる海と、その向こうには淡路島。
思わず写真をパシャパシャ。

こんなところに住めたらいいですね。
毎日朝から日の入りまで、こんな景色を見ながら暮らせたら、なんて幸せでしょう。

今度は、「♪しぼったばかりの夕日の赤、、」が見られる「落陽」の時間に来てみたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿