2010年2月28日日曜日

電車ではTwitterより国盗り なう

何週間くらい前だったでしょうか。
がっちりマンデーという番組で知った「ケータイ国盗り合戦」。

iPhoneでも遊べるじゃあーりませんか。

日本が600の国に分けられていて、それをひとつひとつ盗っていくのですが、国を盗るには自分がその場所に行かなくてはなりません。その場所で「国盗り」ボタンを押すだけでOKです。

同じところを行き来していると、なかなか国数が増えませんが、いろんなところに行く機会があると、目的地だけでなく移動途中に経由する国も盗ることができます。

先日奈良に行った時も、行き帰りの電車ではずっと「国盗り」ボタンを繰り返し押してました。もう、本を読んだり、Twitterなんて見てる暇ありません、、、。^^;

国の境目がわかりませんので、新しい国で「国盗り」ボタンを押し忘れては困ると思って、、。

14国 なう。

今度の火曜日、名古屋に行きます。
朝早いので、行きは新幹線で行きますが、ひそかに帰りは近鉄に乗ろうかと考えています。近鉄だと新幹線とルートが違い、三重あたりの国がとれそうですので、、、。

2010年2月27日土曜日

内燃機関を持つスポーツカー最終形のはじまり

わたくし、「準備は早めに」なタイプなんです。

木曜日に、ホンダのWEBサイトで展示車のある販売店を探したら、神戸市内は一軒もなし。いちばん近そうなので、武庫之荘。

だからわたくし、今日土曜日、久しぶりにエスエス君(Honda CB400SS)を駆って、行ってきました武庫之荘。

迷いながら1時間以上をかけてたどり着いた武庫之荘。
ありました。ありました。シルバーのCR-Z。

発売開始の最初の土曜日の朝。
さぞかしたくさんのひとが見に来てるはずだと。
エスエス君に乗りながら、ずーっと"どうやって写真を撮るか"を心配してました。ブログに使うのに、ひとがごちゃごちゃ写り込んでるのはやっぱりまずいだろうなぁーと。

ホンダカーズに着くと、「あれっ?」 ダーレモイマセン。
まあその分、ゆっくりと触り、ゆっくりと見つめ、ゆっくりと耳をすまし、シルバーのCR-Zを楽しませていただきましたが、、、、。

ネットの画像でも、「相当かっこいいな~」と思っていましたが、実車はもっとかっこいい。^^

特に斜め後ろからがホントにたまりません。
グラマラスなリアフェンダーは、ずっとナデナデしていたいほど、、。

そして、前のエアインテーク。
2007年のモーターショーのモデルでは、より強調されていて、かつての葉巻型のF1マシンを思い出しましたが、この市販モデルでも相当インパクトはあります。

運転席のシートに座って振り返れば、そこにはCR-Xを思い出してしまう光景。ただ、リアが絞られているので、リアウインドの幅は狭く、後ろの見晴らし(?)は悪いです。

そして、後部座席はまんまCR-X。狭くてとてもひとが座るような代物じゃない。でも、それがないよりずーっとましなのは、CR-Xの次にBEATに乗ってはじめて知りました。買った物などをちょっと置くのにいいスペース。

結婚したての頃にBEATに乗っていたのですが、いつも買い物に行くと帰りには奥さんがスーパーの袋を助手席で抱いてないといけないんです。それがかなり不評で、、、。

メーターまわりはちょっと未来的で派手な感じ。
でも、インパネまわりにあまり華が感じられなく、少し残念。

また、エンジンもかけさせてもらいましたが、おとなしいながらも低音が響いて、「スポーツカーだよー」というのははっきりとわかる音に思えました。

ちょうどその販売店の営業の方が車好きで、一時間近く車談義を。
帰りにCR-Zのキーホルダーまでいただいてしまいました。本当にありがとうございました。

その後、武庫之荘から神戸への帰り道に43号線を走っていると、つぎつぎと通り過ぎるホンダカーズにも、あるじゃないですかCR-Z。

結局、木曜日の時点ではまだホンダのWEBサイトには展示車情報が一部しか登録されてなかっただけで、ほとんどの販売店に展示車が置かれているようです。

帰りに4軒の販売店に寄りながら、CR-Zハシゴ。今日のエスエス君の走行距離は70kmを越えました。^^

シルバーを3台と、オレンジと濃いグリーンをそれぞれ1台ずつ見ましたが、その中では僕はオレンジがいちばんすきですね。一番グラマーさが強調される色に思えました。

さて、これが内燃機関を持つスポーツカー最終形のはじまりなのでしょうか。

「ハイブリッドカーは、エコで終わるな。」
ハイブリッドのモーターを燃費の向上だけでなく、スポーツカーが走るためのトルク(力)を向上するためにも使う。

僕にとって最近では「一番ホンダらしい車」と出会えた、うれしい1日となりました。

2010年2月25日木曜日

たまんない後ろ姿

乗り物ネタが続きますが、男は乗り物が好きなもんなんです。明日2月26日にホンダの新しいスポーツカーが発売となります。

そう、CR-Zです。

かっこいいですねー。
元CR-Xオーナーとしては、たまんない後ろ姿です。

「ハイブリッドカーは、エコで終わるな。」というメッセージもかっこいい。
ホンダらしい車がやっとでてきました。

僕はどちらかといえば、2007年のモーターショーで発表された"CR-Zコンセプト2007"のスタイルの方が好きですが、いまのホンダのデザインの流れだとこの市販モデルも十分理解できるし、とってもグラマラスでかっこいいと思います。

イタリアのANSAマフラーって今でもあるんでしょうか?
昔、赤いCR-Xに、車検に通るやつをつけてましたが、いい音してました。
CR-Xもほんとにいい車でした。
頭で理解するんじゃなくて、感情を揺さぶるような、、、、。官能的というのでしょうか?

CR-Z。単純に「欲しい」。
でも、車なんてそんなに単純に買えるもんでもないのです。

だから、こころの奥にしまっておくひとつの目標にしたいなーと思います。
今年がんばれる力の源に、、、。

さて、展示車のあるホンダ販売店を調べてみると、神戸市がなーい。(T.T)
近そうなところで、「武庫之荘店」

土曜日の朝一番、晴れたら単車に乗って見にいきたいなー、と思っています。^^

2010年2月24日水曜日

さよなら 500系のぞみ

実は、新幹線LOVEなのです。

出張では、まよわず新幹線。
初めてつくった自分の会社の名前には「のぞみ」の名をつけました。

もちろん、500系を狙って乗ったことも何度も。
乗り心地もそんなに良くないし、窓側の席は圧迫感あるし、まるで飛行機。最初は「こんなんよく作ったなー」とも思いましたが、そのかっこよさ・硬派さに魅力を感じていました。

700系とかN700系がいいのはよくわかっていますが、500系のようなちょっとワルにも魅力を感じてしまうんですよ、人間だもの。

その500系のぞみが2月末でお別れなんて、、、。
今週東京出張を無理やり入れようか、、ともふっと思いましたが、さすがにできませんでした、、、。^^

新大阪~博多方面では、こだまとしては8両編成で乗れるようですが、"こだま"だとステップワゴンに乗り換えた元暴走族みたいでなんか魅力が、、、、。

2010年2月21日日曜日

くずれかけた砂の家で 木の葉のように 舞うだけ舞えばいい

久しぶりに読んだ小説はとてもおもしろかった。

辻仁成さんの「サヨナライツカ」。

本屋さんでいちばんたくさん並べられてた文庫本で、その赤い表紙にひかれて買ってみました。

読み始めると、そのストーリーにどんどん引き込まれて。

「死ぬ時に、愛されたことを思い出しますか? 
それとも愛したことを思い出しますか?」
幾度となく繰り返されるこの問いかけ。

永遠の命というものがないように、永遠の愛というものも存在しない。でも、強く愛したという事実を抱き続けていけば、それは自分にとって永遠のものになるのかもしれない。最後の再会のシーンでは思わず涙してしまいました。

この本を読み終わってから、「カンパリソーダとフライドポテト」(吉田拓郎 1977年)を無性に聴きたくなって、くりかえしくりかえし。昔話を全く思い出さなかったわけでもありません。

「サヨナライツカ」。
もう一度、奥さんと"熱情の炎"を燃やしてみようか、、。^^
もう、出会った頃のようにはいかないだろうけど、、、。

2010年2月20日土曜日

その素直さにあこがれて

やっと読了しました、
すばる3月号の吉田拓郎ロングインタビュー。

昨年、蔭山敬吾さんがブログで「拓郎さんは"メタ認知能力"が高い」ということを書かれていましたが、本当にそれを実感する内容でした。

昨年のツアーパンフレットである「TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE 2009 フォト&ロングインタビュー集」でも同様に思ったんですが、だからこそスッキリしていてブレがなくて、ほんとにシンプルで素直な人なんだなって。

またそこにあこがれてしまうわけです。
整理整頓好きというのも、そこに関係しているのかもしれませんね。^^

さて、吉田拓郎展がやっと大阪へ来てくれます。

FM OSAKA開局40周年記念 ブルボンPresents 吉田拓郎展
TAKURO YOSHIDA ARTIST GALLERY TAKURONICLE 1970 >>> Just now

3/05(金)~3/22(月・祝)
道頓堀・中座くいだおれビル4階「studio ZAZA」で、毎日11:00から20:00まで

コムチャンさんのきまま日記で教えてもらいましたが、なんと平日夜はスペシャルなものが見られるとのこと。
「大画面と迫力のサウンドで、コンサート映像を楽しもう!」という20分程度のライブシアターがあるのですが、平日夜5時~だけは30分のスペシャル編集版が見られるそうです。

いままで、各地で開かれている"展"を遠くからうらやましく見てるばかりでしたが、やっと大阪にやってきてくれたと思ったら、"スペシャル編集版"まで、、、まさに、残りものには福がある、です!

昔、75年のつま恋や79年の篠島のフィルムコンサートを観に行って、スクリーンを見ながら手拍子をしたり、口ずさんだりしてましたが、このライブシアターでもそういう熱い時間がすごせるのでしょうか? とても楽しみです。

2010年2月14日日曜日

ささやかなバレンタイン

奥さんと娘の手作りチョコをいただきました。

ささやかながらも、何よりもうれしいバレンタイン。

味は、ひいき目ナシでもおいしかったです。^^

努力家という人は、ほんとうは困った存在だと思う

この2週間弱ほど中国と台湾へ出張へ行ってきました。

移動の時間や空いた時間に読もうと、文庫本を数冊持っていきましたが、結局1冊しか読めませんでした。

曽野綾子さんの 「いい人をやめると楽になる」

長い間、小説とか文学的なものと接することが少なかったと思います。読む本といえば、ビジネス関係や自己啓発、ライフハックものが主。そういう本には、"ベストなこと"とか"ベターなこと"、"正しいこと"がたくさん書かれています。

出張に持って行くために荷物にならない文庫本を物色していたところ、目についたのがこの本でした。この本を手にしたということは、自分自身何らかの疲れを感じていたのかもしれません。

曽野綾子さんが書いた小説やエッセイなどのなかの文章が、数行から十数行の細切れになってちりばめられている本です。

「努力家という人は、ほんとうは困った存在だと思う。」
このフレーズもその中の一行です。

そこには、「いい人」をやめる方法が書いてあるわけではありません。どのように「楽になるか」が書いてあるわけではありません。

頭で理解していくのではなく、心で感じ取っていく。そういうことから遠ざかっていたことに気付かされました。そのひとつひとつの数行の文章を読むのに、とても時間がかかりました。ついつい答えを、方程式を探してしまうのです。そうやってこの文庫本1冊読み終わるのに、結局2週間近くがかかってしまいました。

頭でわかるものばかりでなく、心で感じるものに接したい。今日早速、ある小説を買ってきました。読んで何かを感じることができたら、また感想を書いてみたいと思います。

2010年2月13日土曜日

あこがれのやきそばパーン!

今日は、月曜日から新しいひとを迎える準備で、会社に来ています。

ずーっと前からやってみたかったんです。
一平ちゃん夜店の焼きそばとロールパンでつくる「やきそばパーン!」

滝の茶屋で書いてます」というブログを書いている方が、お昼ごはんによく食べてるみたいで、、、、。その記事を見てから、やってみたくてやってみたくて。今日やっと実現することができました!

うまい!
3本ほどペロッといってしまいました。

もう結構長らく生きてきましたが、僕にとって"やきそばパン"とは買うもんで、「カップ焼きそばとロールパンで焼きそばパーン!を創る」という発想はありませんでした。神戸市垂水区は「滝の茶屋」で住宅リフォームの会社をやっている33歳独身男さん に感謝します。

ロールパンを軽く焼いて、できたてのカップ焼きそばを挟む。
カラッと暖かいパンにソースのうまい焼きそば、、、、。
ラップに巻かれて売っているものより何倍もおいしいです。

さあ、これで昼からもがんばれるぞー!

2010年2月12日金曜日

戻ってきた恋人

♪あの晩 君は 裸足でやってきた
悲しそうな眼をして
わけも知らずに座り込んだまま

ふっとこの歌が頭をよぎりました。
「戻ってきた恋人」
拓郎の歌で、作詞は安井かずみですね。


さて、年末になくしたモレスキンが戻ってきました。^^

千年の宴 三宮東口店さま 本当にありがとうございました。ぜひ今度ごはんを食べに行きたいと思っています。

もうすっかりあきらめていたのですが、昨晩携帯電話へお電話をいただきました。早速、本日取りにおうかがいしました。とてもていねいに対応してくださいました。

忘れ物、通常は2ヶ月たったら、自動的に処分してしまうとのこと。
たまたま表紙の裏に電話番号が書いてあり、家族の写真も貼っていたので、きっと大切にしてるのだろうと電話をかけてくれたそうです。

あの夜、ちょうど千年の宴 三宮東口店さまの入ってるビルの1階でカバンをごそごそしてたんです。3次会のカラオケ屋さんを予約するために、電話番号を書いたノートを探して。そこじゃないかなと思って、なくした翌日そのビルの1階や周辺を見て回ったんですが、まさか6階のお店に届いてたとは思ってもみませんでした。

お店に届けていただいた方、ご連絡をいただいた千年の宴 三宮東口店さま、本当にありがとうございました。

モレスキンには家族の写真を貼っておくと、万が一なくしたときに戻ってくる確率が上がるかも知れませんね、、、^^

モレスキンは、もうすでに新しいのを使っていますので、戻ってきたモレスキンはしばらくは置いておきます。でも、僕の12月の1ヶ月が戻ってきてくれて本当によかった。

いまのモレスキンが終わったら、戻ってきたモレスキンの続きを使いたいと思います。ていねいに。