2010年2月21日日曜日

くずれかけた砂の家で 木の葉のように 舞うだけ舞えばいい

久しぶりに読んだ小説はとてもおもしろかった。

辻仁成さんの「サヨナライツカ」。

本屋さんでいちばんたくさん並べられてた文庫本で、その赤い表紙にひかれて買ってみました。

読み始めると、そのストーリーにどんどん引き込まれて。

「死ぬ時に、愛されたことを思い出しますか? 
それとも愛したことを思い出しますか?」
幾度となく繰り返されるこの問いかけ。

永遠の命というものがないように、永遠の愛というものも存在しない。でも、強く愛したという事実を抱き続けていけば、それは自分にとって永遠のものになるのかもしれない。最後の再会のシーンでは思わず涙してしまいました。

この本を読み終わってから、「カンパリソーダとフライドポテト」(吉田拓郎 1977年)を無性に聴きたくなって、くりかえしくりかえし。昔話を全く思い出さなかったわけでもありません。

「サヨナライツカ」。
もう一度、奥さんと"熱情の炎"を燃やしてみようか、、。^^
もう、出会った頃のようにはいかないだろうけど、、、。

0 件のコメント:

コメントを投稿