2010年3月3日水曜日

ちょっとした工夫でとても気持ちよく

ずっと長い間、「超」整理手帳を使ってきました。

A4四つ折りというのがとっても便利なんですね。訪問先の資料、勉強会の案内、備忘録、いろんなものをA4に印刷して入れておくことができるんです。

そして、なんと8週間を一望できるスケジュールシート!

でも、あんまりその蛇腹を開かないんですよね。開くのには机にかなりのスペースが必要となるんです。だから、折り畳んだまま使ってて、ほとんどウィークリーの手帳を使ってるのと同じになっちゃってました。

そこで、2010年は「モレスキンマンスリーノートブックラージ」に。パッと見では"使いにくそうなスケジュール帳やなぁ"という印象でしたが、ナガサワ文具でついつい衝動買いしてしまいました。^^

買ってきて、まずすべての土日と祝日には赤ペンで丸印をつけました。
左上の月の英語表記もピンとこないので、赤ペンで「1月」「2月」、、と書き足し。

右端の"Sunday"と"Notes"の間に赤ペンでたてに線を引いて。

右ページ上のスペースには、その月の目標やテーマを。
右端の"Notes"の欄には、その週の目標・テーマや大きめのTO DOを。

そして、シャーペンで予定を書き込んでいくと、なかなかいい感じじゃあーりませんか。
蛇腹を開かない「超」整理手帳に比べて、とっても見晴らしがいい。
ラージなので書き込むスペースも結構あって、いまではかなり気に入っています。

ここ数年いろんな方がお仕着せの手帳を出されてますが、それらとは全く反対で自由度が高く、またちょっとした工夫でとても気持ちよく使えるスケジュール帳じゃないかと。

ただ、まだ「iPhoneのCalenGoo+Googleカレンダー」連合軍とどう共存するかという問題が。繰り返しの予定なんかはGoogleカレンダーの方が便利だし、iPhoneの方が持ち歩きには便利なんですよねー。「ポケットひとつの原則」から考えると、ホントはどちらかにしぼったほうがいいのですが、なかなか思い切れません。^^

0 件のコメント:

コメントを投稿