2010年3月7日日曜日

努力家という人

「努力家という人は、ほんとうは困った存在だ。」
曽野綾子さんの言葉がずーっと頭に残っていました。

でも、今日なんとなく霧が晴れてきたような感じです。
彼女は「努力することは悪いことだ」とは言ってないんですね。

「努力家という人」とは、自分でも努力家だと思っているし、他人からもそう思われている人なんだろうと思います。

努力をしていても、常に「まだまだだ」という謙虚な気持ちを持ち、その努力をあからさまにひけらかすことがなければ、決して「他人を低く見ること」もないし、「他人にいやなプレッシャーを与えること」もないはずです。

でも、実際に努力をしているから、たぶん結果はちゃんとついてくる。結果こそが一番正直なのかもしれません。もちろん、それもひけらかす必要はないのです。

他人の目や戯言なんて、自分の何を変えてくれるものでもない。気にする価値もないのでしょう。

逆も同じ。他人のことを陰でとやかく言ったところで、何かを変えることもできない。ただ、嫌な気持ちになるだけです。

自分自身と謙虚に対峙できること、これに尽きるのかも知れません。

0 件のコメント:

コメントを投稿