2010年5月17日月曜日

FOBとは? CIFとは? 貿易条件について その2

さて、個々の条件について見ていきたいと思います。
まず、一番良く耳にするFOB、C&F、CIFについてです。

【FOB】
FOBとは、「Free On Board」の短縮形で、「本船渡し」という意味です。
これは、輸出港に停泊している船に、売り手が商品を積み込むまでの費用が販売代金に含まれていることを表しています。

仮に、輸出する売り手がその商品を「100万円で売りたい」と考えたとします。
売り手が買い手に提示する"FOB価格"がどうなるかと言うと、、、

"FOB価格" = 商品100万円 + "船に積み込むまでの費用"

※"船に積み込むまでの費用"には、一般的には「梱包費用」、「国内運送費用」、「輸出通関関連費用」、「コンテナ積め費用」、「船社ローカルチャージ」などが含まれます。(貨物や運送形態によって異なりますので、その都度ご確認ください。)

※インコタームズでは、このFOB価格の事を「COST」と呼ぶことに決めたそうです、なぜか。これが次のCFRなどにつながっていきます。

【CFR】
CFRとは、「Cost + FReight」。つまり「運賃込み」という意味です。
この"Cost"とはFOBのこと。それに運賃を加えたのが、CFRとなります。

「C&F(Cost & Freight)」と呼ばれていましたが、"&"がコンピュータで扱いにくいことがあるという理由から、1990年の改定で「CFR」に変更となりました。時には"&"と"N"と表記して「CNF」と言われることもあります。実際には今でも一番良く聞くのは「C&F」ですけど、、。

"CFR価格" = "FOB価格" + "海上運賃"

※海上運賃には、"基本運賃(Base Rate)"だけでなく、BAFやYASなどなど諸チャージも含まれます。

【CIF】
CIFとは、「Cost + Insurance + Freight」。つまり「運賃・保険料込み」です。

"CIF価格" = "FOB価格" + "海上運賃" + "海上保険料"


それぞれの"C"とか"F"とか"I"とかの意味がわかれば、一目でその条件の内容がわかるようになりますね。もちろん、この他にもたーくさんあります。


関連記事
「比較しちゃお! 貿易条件について その6」
「EXWとは? DDUとは? DDPとは? 貿易条件について その5」 
「FCAとは? CPTとは? 貿易条件について その4」 
「FOBとは? CIFとは? 貿易条件について その3」 
「FOBとは? CIFとは? 貿易条件について その2」 
「FOBとは? CIFとは? 貿易条件について その1」

0 件のコメント:

コメントを投稿