2011年12月31日土曜日

おかげさん


うちのトイレには、せんだみつおの、、、いやいや、あいだみつをの日めくりが掛かっています。
毎月31日は「おかげさん」。
一年の終わりの今日も「おかげさん」。

今朝目が覚めたとき、娘たちの寝顔を見てしあわせな気持ちになりました。
大変だったこの2011年の最後の日、
本当にたくさんのひとの"おかげさま"で迎えることができました。
ありがとうございます。


大きな病気をした娘も少しずつ回復してきています。
退院したての頃は、立ち上がるのもたいへんだったのに、
いまは少しなら走ることができるようになりました。
薬の影響でなくなっていた髪の毛も出てきて、1cmくらいに伸びてきました。

兵庫県立こども病院の先生方、看護師のみなさんのおかげで、治療を終え退院することができました。
家族4人でテレビを見ながら大笑いする夜が戻ってきました。
ありがとうございました。

娘の入院中は、風邪を引いてしまった2日間以外は一日も欠かさず病院に通うことができました。
それができたのも会社のみんなの協力があったからこそと思います。
ありがとうございました。

また、このブログで書いたこともあって、
たくさんの心配や応援の声やメールもいただきました。
本当にありがとうございました。


2011年は日本や世界でもいろんなことがありました。
東日本大震災をはじめ、つらい気持ちになることもたくさんありました。
でも、それによって気づかされた大切なこともたくさんありました。

円高や欧米の不況など、会社を取り巻く環境ももとても厳しいものでした。
でも、その中でうちの会社がなんとか成長することができたのは、
私たちにがんばるチャンスをいただけたお客様やご協力をいただいたたくさんの方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

またそのおかげで、大震災直後につづき年末にも義援金を寄付することができました。
これも、少しでもお役に立つことができる私たちのしあわせです。


2012年はきっといい年になる。
そう確信してる2011年の終わりです。

2011年5月22日日曜日

子どもの脳腫瘍について 2

励ましていただいたり、
応援していただいたり、
心配していただいたり、
祈っていただいたり、

本当にありがとうございます。

おかげさまで、
一歩一歩ですが治療を進めることができています。

本人はつらいことも多いと思いますが、
それでもとてもがんばっていて、
我が子ながら誇りに思えるほどです。


子どもの脳腫瘍とはとても稀な病気で、
またその種類がとても多いこと、
そして、大人の脳腫瘍とはその治療法も異なることから、
情報はあまり多くないようです。

もし身近な子どもさんが脳腫瘍との診断を受けた場合、
次のホームページをご参考にされてはいかがでしょうか。

日本小児脳腫瘍コンソーシアム

脳外科医澤村先生のホームページ 小児脳腫瘍について

ただ、これらのページもすべての種類の脳腫瘍をカバーしているわけではないでしょうし、
また書かれてからしばらく時間もたっていると思われます。

不安なことや気づいたことがあれば、どんどん先生に積極的に質問をしながら、
進んでいくことがとても大切だと実感しています。

子どもの様子や先生の一言でも、ついつい一喜一憂してしまいます。
自分の役割は、子どもの笑顔と安心をつくることと考えています。
一喜一憂して感情的になってしまってはそれが難しくなります。
こういう時こそ、「知を力に」して闘っていかなければなりません。


晩ご飯の後、一時帰宅していた子どもを病院に連れて行きました。
今晩から用意して、明日から薬での治療を始めます。

2011年5月21日土曜日

風が変わる気持ちよさ

ひさしぶりに行ってきました。
エスエス君でいつものコース。

有馬街道を抜けて、呑吐ダムのパーキング。
ぐるーっとまわって、
淡河八幡神社でお願いごと。
淡河の道の駅でブロッコリとアスパラ、椎茸を買って、
うちに帰ってきました。

神戸ですから。
かなりの高低差があるんでしょうね。
走っていくと、風が変わるのを何回も感じます。
それが気持ちいい。


単車に乗っている時間は孤独な時間です。
ヘルメットをかぶってますからね。

でも、いろんなことを考えたり、いろんなことを思い出したり、貴重な時間です。
ミラーに映った空は、残念ながら曇り空でしたが、
それでもこころが晴れるひとときでした。

呑吐ダムのパーキングでは、あこがれの単車たちをジロジロと眺めさせていただきました。
大型の免許、取りにいきたいな、と最近ときどき。

将来の夢のひとつは、奥さんをうしろに乗せてのツーリング、、、、、。
大型だったら乗ってくれるかなぁ、、、。

2011年4月30日土曜日

♫大きな五時半の夕焼け

娘があんまり楽しそうに口ずさむもんだから
ついつい一緒に歌いたくなったから

ゆずの ♪夏色 を聴いてすぐに好きになりました。

ヘッドフォンも買っちゃいました。
プレイリストを作って、時間があればシャッフルで聴いています。

何年ぶりでしょう?
拓郎以外の歌にのめりこむのって。
世の中、結構いい歌たくさんあるもんですね。

いい歌を見つけるとすぐプレイリストに。
プレイリストはどんどん成長中です。


プレイリスト "PAPA songs"

♪夏色 (ゆず)
♪虹 (ゆず)
♪Hey和 (ゆず)
♪彼方 (ゆず)
♪桜会 (ゆず)
♪みんな空の下 (絢香)
♪WINDING ROAD (絢香Xコブクロ)
♪どんな空でも (コブクロ)
♪君という名の翼 (コブクロ)
♪時の足音 (コブクロ)
♪虹 (コブクロ)
♪流星 (コブクロ)
♪ランウェイ☆ビート (ファンモン)
♪サヨナラの向こう側 (ファンモン)
♪あとひとつ (ファンモン)
♪桜 (ファンモン)
♪大切 (ファンモン)

ヘビロテ中。

でも、♪夏色 は速くて、、、、
一緒に歌っても、いまだについて行けません、、、(^_^;

2011年3月29日火曜日

1秒でも早く会いたい

病院に向け車を走らせているとき、懐かしい気持ちを感じました。

「1秒でも早く会いたい」

なんかそわそわして、少し焦っているような気持ち。
昔、彼女に会いに行く時に感じたような気持ち。
もう何十年ぶりでしょうか。

朝6時から出社して、午後3時までにできるだけの仕事をがんばる。
でもなかなか出られなくて、午後4時過ぎ頃から病院に向かう。

救急病室の消灯までの3時間弱を娘と過ごすのが、毎日の大きな目標です。

寝顔を見つめたり、
一緒になぞなぞを考えてみたり、
テレビを見ながらおしゃべりしたり、
少しトランプで遊んでみたり、、、

ほんとは24時間一緒にいてあげたいけど、それはかなわぬこと。

面会が終わり、また会社へ向かうときのさみしさは、
これも長く感じていなかったほどの。

3時間弱でも一緒にいるために、
毎日1分1秒を大切に、精一杯がんばっています。

2011年3月26日土曜日

子どもの脳腫瘍について

2週間ほど前から調子が悪かった10歳の娘が
昨日CT検査を受けました。
その結果、脳に腫瘍があることがわかりました。

すぐに兵庫県立こども病院に入院して、検査を行っています。

突然のことで、本当に驚いていますが、
あらゆる感情をおさえて、ただただ信じて、
できるだけのことをやっていきたいと思っています。

もし、子どもの脳腫瘍や闘病について、
アドバイスや情報をいただける方がいらっしゃいましたら、
メールでご連絡くださいませんでしょうか。

メールアドレスは、 gandeng1226 のあとに@i.softbank.jp です。

どうぞよろしくお願いします。

藤井

2011年3月19日土曜日

海外からも多くの応援

いまだに、とても現実のものとは信じられない気持ちもあります。
被災されたすべての方々に心からお見舞い申し上げます。

アメリカ、台湾、中国、香港、韓国、カナダ、タイ、インドネシア、マレーシア、ブラジル、など
多くのOEC Groupの仲間から電話やメール、メッセンジャーで日本を応援するメッセージをもらいました。

「Our thoughts are with the people of Japan.」
「We pray that everything going on from this incident gets better quickly.」
「We will pray for Japan.」
「Please be save and all our prayers goes out to all people in Japan.」
「I am sure Japan will recover quickly from this because of the people attitude.」
...


私たちも、東北にいらっしゃるお客さまや協力会社の方へお見舞いのメールを入れさせていただきました。直接的に、または間接的に多くの方の無事を確認することができて、安心することができました。


日本赤十字社から義援金口座情報の発表があってから、うちの会社も火曜日にすぐ郵便局から振込をしました。

郵便局から日本赤十字社に寄付する場合、法人で10万円以上を振り込むときには、"社会保険料の支払い領収書"などの法人の存在を証明するもの、そして振込手続きに行く本人の身分を証明できるものが必要となります。これから法人で振込をされる場合はご注意ください。
うちの場合は最初それを知らず、2日に分けて振り込み、2日目にはそれらを準備しました。

また、台湾にあるOEC Group本社からも義援金の送金を受け取りましたが、三菱東京UFJ銀行から送金到着の連絡があった際に「義援金です」と伝えたところ、送金受取手数料がかかりませんでした。
義援金に対しては手数料をとっていないようです。そうすることで、受け取った義援金を100%寄付にまわすことができます。
もし、義援金の送金を受け取った際手数料がかかっているような場合には、ぜひ銀行にご相談ください。


神戸にいる私たちはいままでと同じように日常を過ごすことができています。
私たちにできることは、冷静に、そして今まで以上に精一杯日常をがんばることでしょう。
寄付や献血など、できることをひとつひとつ確実にやっていくことなのでしょう。

海外の多くの人たちも応援してくれています。


がんばろう!日本

日常をいままで以上に精一杯

ハードな一週間でした。

振り返ってみると、
元気にがんばらないといけないはずの神戸にいる僕が、
精神的にも、また肉体的にもかなり疲労していることを実感しました。

決してしかめっ面ではなく、
笑顔で「むっちゃしんどいなぁー」
と言えるくらいの素直さと元気さを取り戻さなければ。

日常をいままで以上に精一杯。


がんばろう!日本

2011年2月28日月曜日

日本を救えコンサート96

少しだけ久しぶりに聴いた今日の幸拓ANNG(坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD)で、懐かしい話がたくさん。

まず、83年の大阪球場「SUNTORY BEER SOUND MARKET '83」。
僕もその場にいました。
ちょうど大学生の頃だったと思いますが、やっぱりビールをたくさん飲んでたのだけ覚えています。(^_^;
あと、酔いにまかせて大声で「たくろー」って叫んでたことも、、。

その後、神戸の話もありました。
96年の日本を救えコンサートも、僕にとって思い出深いコンサートです。
ちょうど当時の彼女の誕生日で、2人で一緒に行きました。
神戸ワールド記念ホールの音響があんまり良くなかったのを覚えてます。
コンサートが終わってから、その彼女にプロポーズをして、今は僕の奥さんになりました。

その年の10月の「感度良好ナイト」ツアー。
やっぱり彼女と行きました。たしか兄貴も一緒に行ったかな。
阪神淡路大震災の翌年で、神戸国際会館の仮設ホールがハーバーランドにありました。
拓郎さんの歌う「ファイト」と、ちょうどこの年から始まる"LOVELOVE愛してる"のオープニング曲「全部だきしめて」をはじめて聴いたコンサートでした。

今日拓郎さんの言ってた、神戸にあるうまいイタリアンレストランってどこなんでしょうね?
行ってみたいですね。

2011年2月22日火曜日

納豆牛丼??

先月、OEC GROUP MEETINGや、ANNUAL PARTYへの参加のため、中国と台湾に行ってきました。

毎年数回行く機会がありますが、中国だけでなく台湾も毎回変化があっておもしろいです。

さて今回、台湾の吉野家ですごいものを見つけてしまいました。

「納豆牛丼!?」「納豆カレー丼!?」

他にも「納豆オクラ丼」など、いま台湾では納豆が熱いようです。

どうせ食べるなら"牛肉麺"を食べたい私ですので、残念ながら「納豆シリーズ」を食べる機会はありませんでしたが、おいしいのでしょうか、、、、、。

あー、牛肉麺食べたいー。


台湾吉野家はメニューが豊富。がんばってますなぁ。
興味のある方はどうぞ。
http://www.yoshinoya.com.tw/news.php
(中国語のページですが)

2011年2月21日月曜日

29年振りのサイン

ラテンピアニスト 松岡直也さん。

初めて直也さんのライブを観に行ったのは、
僕が浪人生の頃。かれこれ、29年前。

浪人仲間の津垣くんと、神戸のチキンジョージに。
そのころはWESINGでしたね、ドラムは村上PONTA秀一。

一番乗りで並んでいると、
きれいな女性を連れて楽屋入りしてました、PONTAさん。

その次が直也さんだったかな、
たまたま持ってたレポート用紙にサインをいただきました。


今日は、ビルボードライブ大阪での直也さんのライブ。
18時半~ と 21時半~ の2ステージ。
ホントは両方行きたかったくらいなのですが、
仕事がそんなに早く終わらないので、
21時半からのステージに行ってきました。

今日が初日ということで、あまり多くを書きませんが、
相変わらずの情熱的なピアノ。
キューバの複雑なリズムもなんのその。

15歳でプロデビューしてから、今年で59周年。
それでも常に新しいことにチャレンジしている、
まさに国宝です。
思いっきり心を込めて拍手をしてきました。

さて、今日29年振りにサインをいただきました。
サインは29年前と変わってませんでした。
直也さんの音楽の熱さと同様。

2011年2月20日日曜日

ぬかみそくさい手

先週から、毎日格闘しているのが、ぬかみそ。

と言っても、自分でぬか床を作っているわけでもなく、
パックになっているのを買ってきて使ってます。

忙しいときこそ、体調に気をつけなければいけない年代となりましたので、、、、、このところアルコールは自粛して、もっぱらぬか漬け。

ぬか漬けの野菜には、豊富な食物繊維と生きた乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整え、免疫力をアップすることができるようです。

ぬか床を作っていくことを「育てる」と表現するように、ぬかみそは生きものなんですね。近いうちには、自分でぬか床を作って育ててみたいと思っています。

もう長い間、うちでは漬物と言えばキムチでした。
スーパーの売り場でも、キムチがずらりとならんでいます。

もちろんキムチも乳酸菌が多く含まれていて身体にいいようですが、
久しぶりにぬか漬けを食べると、やっぱりこれなんですよね。

おすすめなのが、えのきやまいたけ。
先日テレビで見て漬けてみたら、バリうまかったです。

でも、朝ぬかみそを触ると、会社で自分の手のにおいが気になって気になって、、、、。

2011年2月19日土曜日

働くということ

いま、お気に入りのドラマがあります。
土曜9時の デカワンコ。
久しぶりに、欠かさず見ているドラマです。

あのメロディーを聴いただけで、心が昂ぶります。
ワンコのケータイの着メロまであのメロディなんて、、、、、、。


いままでで一番好きなドラマといえば、Dr.コトー診療所 です。
島に根ざし、島の人たちを助けていく姿から、
働くということや、プロフェッショナルということについて、
たくさんのことを考えさせられました。
うちの会社に入る人には、みんなに見てもらいたいと思うほどです。
(DVDを持ってますんで、いつでも言ってください。)


さて、うちの会社ではちょうどいま求人を行っており、
面接では必ず、「働くということ」について、
また「何のために働くのか」について、質問をさせていただいています。


以前、"働くということ"について、こんなことばを聞いたことがあります。

「自分と愛するものの幸せのために、
身近な他人を幸せにしなければいけない。」

なるほど。


大昔、人間は自分や家族のため、
田んぼや畑を耕したり、狩に出て食料を得ていました。

子どもがおなかが痛いと言ったら、きっと大きな手でやさしく撫ぜてあげていたのでしょう。

いまの社会ではどうでしょう。
自分で狩に出て食料を獲ってくる、というわけにはいきません。
多くの人にとって、お米やお肉はスーパーで買うものです。

わざわざ危険を冒して狩りにでなくても、
長い間自然と格闘しなくても、
スーパーでお米やお肉が買えるというのはとても便利なことですが、
それも、たくさんの誰かの仕事のおかげです。

現代の社会では、それぞれの役割が細分化されています。

豚さんを育てたり、お米を育てたりするお仕事はもちろん、
その飼料や肥料をつくるお仕事、
それらを輸入する場合は、海外から運ぶお仕事、
運ぶ船の燃料に使う石油を掘り、加工し、運ぶお仕事、
加工する工場で働く人を朝夕運ぶ電車を動かすお仕事、、、、、

細分化された無数の仕事がつながりあって、
たくさんの誰かのおかげで自分の生活が成り立っています。


働くということは、そのようなつながりの中で、
自分の役割を全うする、ということなのでしょう。

つまり、「身近な他人を幸せにする」という"方法"を通じて、
「自分と愛するものを幸せにする」という"目的"を達成するということです。


「なんのために働くのか」という問いに対して、
人それぞれ答えは違っても、
つきつめていけば、こういうことになるんじゃないかと思います。

うちの会社も、
「自分や愛するものを幸せにしたい」人が、
精一杯「身近な他人を幸せにしていく」場でありたいと思います。

タッカルビ

先日、あるお店にお肉を食べに行ったんですが、いっぱいで入れませんでした。
そこで急きょ、斜め向いにあるお店で韓国料理を食べることに。

韓国料理はよくわからないので、お店の人のお勧めで鍋をいただきました。

鶏と野菜のたっぷりはいったタッカルビ。
ものすごくうまくて、ひじょーに幸せになれました。

ぱっと見、2人で食べるには多いかなと思いましたが、ちょっとピリ辛でとてもおいしかったので箸が止まらず、きれいに食べることができました。

神戸元町駅から鯉川筋を上がって、ファミマの角を東急ハンズのほうへ。
あんじゃあんじゃというお店でした。

2011年2月18日金曜日

歌の力

夕方になって、みんなが帰ってしまい、
会社でひとりになったとき、
そして、いつまでやっても終わりそうもない仕事の山を目の前にしたとき、
なんだかとってもつらい気分になるわけです。

昨日もそんな夕方を迎えていました。
このところ肩こりがひどいということも、それに拍車をかけて、、、。

でも、へっちゃら。

「つま恋2006総集編」からはじまって、
「TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005」
そして、「18時開演」まで。

拓郎のライブ3本をiPhoneで聴きながら、歌いながら、踊りながら、、、
あっという間に日付が変わる頃まで。
たまりにたまっていた仕事もきれいさっぱり。
肩こりのこともすっかり忘れてました。

いや、ほんとにすごいですね、音楽の力っていうのは。

こういう大好きな歌があるというのは、本当にしあわせなことです。
拓郎に感謝。

2011年2月17日木曜日

朝のきざみうどん

最近、はまっています。

きざみうどん 270円。
おあげさんのきざんだのがのっています。

もう何日通っているでしょうか。
寒い朝に、あったかいうどんはたまりません。

以前、英語の先生から「米や小麦は"Happy Food"で、長い間食べないと気分が落ち込む」という話をきいたことがあります。

朝のきざみうどんを食べるたびに、
その話を思い出して、Happyな気分になります。

神戸の元町駅近く、立ち食いうどん「大豊」。
ぼっかけうどんもうまいですよ。