2011年2月21日月曜日

29年振りのサイン

ラテンピアニスト 松岡直也さん。

初めて直也さんのライブを観に行ったのは、
僕が浪人生の頃。かれこれ、29年前。

浪人仲間の津垣くんと、神戸のチキンジョージに。
そのころはWESINGでしたね、ドラムは村上PONTA秀一。

一番乗りで並んでいると、
きれいな女性を連れて楽屋入りしてました、PONTAさん。

その次が直也さんだったかな、
たまたま持ってたレポート用紙にサインをいただきました。


今日は、ビルボードライブ大阪での直也さんのライブ。
18時半~ と 21時半~ の2ステージ。
ホントは両方行きたかったくらいなのですが、
仕事がそんなに早く終わらないので、
21時半からのステージに行ってきました。

今日が初日ということで、あまり多くを書きませんが、
相変わらずの情熱的なピアノ。
キューバの複雑なリズムもなんのその。

15歳でプロデビューしてから、今年で59周年。
それでも常に新しいことにチャレンジしている、
まさに国宝です。
思いっきり心を込めて拍手をしてきました。

さて、今日29年振りにサインをいただきました。
サインは29年前と変わってませんでした。
直也さんの音楽の熱さと同様。

0 件のコメント:

コメントを投稿