2015年8月30日日曜日

「国会10万人・全国100万人大行動」の一環として行われた「おおさか大集会」に参加しました

今日、「国会10万人・全国100万人大行動」の一環として行われた「おおさか大集会」に参加しました。

まず、お礼を申し上げたいと思います。
集会途中で気分が悪くなってしゃがみ込んでしまった娘に、
お水を飲ませていただいた方、
塩飴をいただいた方、
わざわざ遠くまで冷たいスポーツドリンクを買いに行っていただいた方、
持っていた冷凍バナナで首筋を冷やしていただいた方、
本当にありがとうございました。

公園近くの座れるところでしばらく休んでから、おかげさまで無事神戸に帰ることができました。

扇町公園、25000人の参加。
一斉に「戦争アカン」の赤いプレートを上げたときはほんとに爽快でした。
国会前周辺はもっとすごかったんでしょうね。

戦争法案反対の集会に参加するようになって、Twitterなどをよく見るようになりました。
それで、大手マスコミが報道しないことがいかに多いかを改めて知りました。

公平な報道と言いながら、民放は大企業を中心とするスポンサー料が主な収入源です。
大企業からの献金を多く得ている自民党と似ています。
それを踏まえて考える必要があります。

NHKは自ら「公共の福祉のために行う放送」と言っているにもかかわらず、本日の国会前周辺の反対集会について、

 「主催者の発表およそ12万人
  警視庁の調べ3万人余り」

と報道しています。
警視庁が何を調べたのかも疑問がありますが、自らも取材に入っていたにもかかわらず、「警視庁調べ3万人」なんて報道することは、まさに戦前戦中の大本営発表をそのまま発表していた状況を連想します。
取材で「警視庁調べ3万人」が事実に近いと確認できたのでしょうか。
この報道を受けて、安倍さんを始め自民党はたぶん「3万人だった」としてしまうんでしょうね。

この間の安倍さんの"ヤジ"を「自席発言」と報道してたのにもびっくりしましたが、、、。

集団的自衛権が必要だと考えている人も、アメリカ軍との連携強化を正しいと考えてる人も、おかしいと思わないんでしょうか、こういうやり方。これでいいのかな?

既存メディアがこういうことやってると、これからTwitterやFacebook、ツイキャスなどの果たす役割はますます大きくなるんでしょうね。

さて、この土日にかけて、全国で370ヶ所以上で反対運動が行われました。
国会前も含め、これはものすごいことだと思います。
でも、戦争法案はまだ廃案になっていません。
まだまだ正念場は続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿