2016年6月29日水曜日

アベノミクスってどうよ?

なんやかんや言ってもアベノミクスってそこそこうまくいってるんじゃない?
と思ってる人は是非これを見てみてください。

安倍さんが2回目の総理大臣になってから実質賃金も実質消費支出も下がりつづけています。
つまり生活が苦しくなったということ。
そして、消費支出が減ったということは、あなたのお店で使われるお金も減ったということ。
それは、製品や原材料などの輸入貨物の減少にもつながっていきます。げげっ。うちもやばいやん。



日本もながく経済停滞が続いています。
その原因は?

「民間の需要の低さと大企業の過剰な貯蓄が日本の経済停滞の原因。」
「世界的に見ても先進国の長期停滞の一因は格差の拡大にある。」
「圧倒的多数の中間層や一般庶民にお金が行き渡る政策が必要。」
「大企業の内部留保を庶民に還元しないといけない。」
つまり「再分配なくして成長なし」
賃上げと税制の改革が必要。
アベノミクスでは逆効果。





これから成長のために大事なのは?

「OECDやIMFが“所得格差の拡大は経済成長を大幅に抑制する”と指摘。」
「男性労働者の賃金統計を見ても、日本の所得格差はますます拡大している。」
「成長のために大事なのはモノよりも人。」
「人を育てていく、人に投資をしていくという視点が必要。」
「大企業の法人税、そして所得税の最高税率を上げないといけない。」
「若者や女性など多様な人々が働きやすい環境を作るためにお金を使う。」
「野党の政策で言われている“最低賃金を上げる”や“消費税増税を凍結する”ということは方向性としては非常に正しい。」





先日、IMF(国際通貨基金)がアベノミクスを完全否定したという報道もされました。
経済政策のアベノミクスからの180度転換が急がれます。
そのためには選挙でしっかりと結果をだしていくことが必要です。

わかりやすくいろいろ勉強になります。


0 件のコメント:

コメントを投稿