2016年7月3日日曜日

今回ばかりは野党へ投票

現在、衆議院では与党(自民党と公明党)は326議席を持っています。
れは「絶対安定多数」を優に越え、できないことがない「圧倒的多数」と言われる議席数です。もちろん改憲発動が可能な3分の2を越えています。

参議院では現在与党(自民党と公明党)で136議席を持っています。
これは「過半数」を超え、すべての委員会で委員長を独占できる「安定多数」と言われる議席数です。

今回の参院選では、民主党絶好調の時に当選した議員たちが改選となります。
そのため、改選数121人のうち現民進党の議員は45人にもなります。
新聞などでは、民進党の議席数は半減するのではと言われています。
今回は、はじめから野党にとって非常に厳しい選挙です。

でも、今回の選挙で与党(自民党と公明党)が議席を増やすと、衆議院・参議院共になんでもできる「圧倒的多数」をとる可能性があります。
それでなくても、最近は強行採決の連続です。
それに特に自民党でお金や失言などいろんな問題が多発しています。
このあたりで、ちょっと与党(自民党と公明党)にお灸をすえてやる必要があるんじゃないでしょうか。

それに、参議院も与党が3分の2を越えると、憲法改正の発動が可能となります。
自民党が正式に出している改憲草案は、戦前のように国を国民の上に置くひどいものです。
おおさか維新や日本のこころを大切にする党なども改憲に賛成しています。

この参議院選挙では、改憲に反対し共闘している野党(民進党、共産党、社民党、生活の党)を応援したいと思っています。

今回ばかりは野党に投票しませんか。


0 件のコメント:

コメントを投稿